ホーム > 会社概要 > 代表からのご挨拶

MESSAGE 代表からのご挨拶

テーマは人 そして全ては未来へ…

当社のキャッチフレーズは「テーマは人 そして全ては未来へ」です。人こそが経済全ての源であり財産であり宝であると考えています。
今現在、 総従業員数は多くの大手ゼネコン出身者を含む110名以上が在籍しており、今後はさらに200名程度まで拡大する予定です。そして技術者においては常に120名以上を保有する規模のゼネコンを目指しています。安全、品質、コンプライアンス、さらに機動力、事業継続力が不可欠だと考えており、それをしっかりと担保する為にはそのくらいの人員が必要だと考えております。我々は建設業ですので建物を作るのは当たり前、重要なことは「いかにしてお客様に安心して頂き、且つ満足して頂けるのか」そのためには着工から竣工までの各工種・各工程で厳しい検査を行う工事監理部や、現場でのあらゆる潜在的なリスクを洗い出すアセスメント管理室を社内に設置し、建築物に公正さと高品質という付加価値を与え、お客様との強い信頼関係を築いていけるよう尽力しています。

建設のプロとして最高の技術を駆使し、最大限の安心と満足を提供することが私たちの使命だと考え、安全においても品質においても全ての面で「目配り・気配り・心配り」のきめ細かい配慮を大切に、お客様と一緒によリ良い未来へのビジョンを持ち続け成長していけるよう努めてまいります。また、私は「経営は足元にあり」がモットーで、技術力の向上そして社員一人一人の人生と向き合い血の通った職場環境を整えることが重要であると考え、これを「未来型働き方改革」とし、私自らが積極的に取組み、よリ優秀な人材確保に繋げています。

PROFILE

座右の銘 / 敵は己にあり

昭和47年11月2日生まれ、愛媛県今治市出身。 平成17年に中央建設に入社。 20年9月に代表取締役就任。23年7月港区に東京本社を開設し、それまでの官公庁中心の受注活動から民間建築の元請を中心した受注活動にシフト。 30年7月には登記上の本社 を東京都港区に移し東京の企業として本格的に営業を展開、同月に日建連主催の第59回BCS賞を新豊洲Brillaランニングスタジアムの施工にて受賞。さらに平成31年1月には宮城県岩沼市に東北支店を開設し、本社、東北支店、 四国支店、三拠点体制を確立。 現在に至る。