ホーム > 採用情報 > 先輩インタビュー vol.1 施工管理部(現場所長) 野井 静一

INTERVIEW先輩インタビュー

30年間、現場で得た経験を、
若い世代に伝えていきたい。

施工管理部(現場所長) 野井 静一

―野井さんは入社何年ですか?
中央建設に入ったのは2年半前くらいでしょうか。現場監督の仕事をして、もう30年くらいになるでしょうか。前の会社ではリゾートホテルの建設が主だったので、もっといろんな種類の建設に関わってみたいと思い、転職しました。

最初の面接から社長が自ら対応してくれました。社長の「男気」のようなものに惹かれて、その場でお世話になりますとお願いしました。愛媛から裸一貫で東京に進出したという会社の成り立ちや、大手ゼネコン出身の方々が技術を伝えたいという思いにも感銘を受けました。

―現場で一番注意することはなんですか?
現場監督の仕事でいちばん注意しているのは、建物を建てる時の位置や高さが設計通りになっているかを何度も確認すること。これを怠ると後々大問題になります。人は誰しも間違うことはありますが、絶対に間違えてはいけないところ、肝心なところは最低でも3回はチェックします。これは私が現場監督になってからは欠かさず行っています。

―現場としてたくさんの職人さんたちを取りまとめるのは難しいように思いますが、どんなところに気を配っていらっしゃいますか?
監督だとはいえ上から一方的にものを言っても職人さんたちは動いてくれません。職人さんがいるから建物が建つのだという感謝の気持ちをいつも持っています。いつでも職人さんの意見をしっかり聞き、より良い建物を一緒につくっていこうという想いがなければ、良い仕事はできません。長年この仕事をしてきて、今では困ったときには電話すれば助けてくれる職人さんがたくさんいる。そういう人間関係を築くことができたのは嬉しいことです。

職人さんたちを取りまとめるだけでなく、建築技術は日進月歩なので常に新しい技術を勉強していかないといけません。そのあたりは大変ですが、おもしろいところでもありますね。

―すでにベテランの現場監督さんですが、これから目指すことはありますか?
現場監督としていろいろな仕事に携わらせてもらいました。長くやってきたので、積極的に若い人たちにいろいろな技術を伝えていけたらと思います。今の現場にも、20代の若い監督がいます。建築の仕事というのは現場での経験がなによりも大切です。できるだけ私の知識や技術を伝えて、次世代の建築業界を担う人たちの成長に役立てたらと思いっています。

中央建設には、スーパーゼネコン出身者がたくさんいます。有数のプロジェクトのトップの仕事をやってきたような方もいます。そうした人たちから直接話を聞くことができ、技術を教えてもらえるというのは、若い人たちにとって、非常に有意義だと思います。

インタビュー:2019年

先輩インタビュー